免許更新

免許更新について

更新期限が過ぎてしまったときの免許失効とは 更新期限が過ぎてしまったときの免許失効とは はコメントを受け付けていません。

自動車の運転免許には期限がありますので、期限を迎えたら更新手続きが必要です。更新しないと失効することもありますので、更新期限は忘れないようにしなければいけません。期限となる年の誕生日の一ヶ月前から一ヶ月後まで更新手続きができます。入院や、海外に行くなどの理由がある人は、それ以前でも手続きできますが、有効期間は短くなってしまいます。更新を忘れた場合には、期限が切れた日からの期間によって手続きが変わってきます。


期限が切れてから六ヶ月以内でしたら、所定の講習を受講するだけで再取得できます。困るのは六ヶ月を過ぎてしまった場合です。六ヶ月から一年以内の人は、仮免からやり直しです。路上講習を受けることになりますので、自動車学校に通い直すのが一般的です。学科試験もまた受ける必要があります。忘れていることもあるでしょうから、教本でしっかりと勉強した方がいいでしょう。特別な理由がなく一年以上更新しなかった場合には完全に失効してしまいます。ここまで来るとどうやっても元には戻りませんので、自動車学校へ入り直しです。後から理由を申し立ててもどうしようもありませんので、更新期限は必ず忘れないようにしなければなりません。

更新期間前に免許更新は可能なの? 更新期間前に免許更新は可能なの? はコメントを受け付けていません。

自動車やオートバイの運転免許は、3年若しくは5年毎に更新手続きをする必要があります。更新を受け付けてもらえる期間は、期限を迎える歳の誕生日を挟んで、前後一ヶ月の二ヶ月間です。誕生日から一ヶ月以上経過してしまうと、更新するには特別な手続きが必要になります。更新しないまま六ヶ月までの人は、講習を受けることが必要です。六ヶ月から1年までの人は、仮免許からやり直しです。1年以上経過してしまった場合には、救済措置はありませんので、免許の取り直しになります。誕生日の一ヶ月前からと免許更新の期間は決まっていますが、特別の理由がある場合には期間前でも更新できます。


特別な理由とは、旅行や出張などで海外へ行く人、怪我や病気などで入院している人、妊娠中の人です。それぞれパスポートや、診断書、母子手帳などの理由を証明できるものが必要です。便利な制度のようですが、注意する点もあります。更新手続きは代理人ではできません。必ず本人が行う必要があります。ゴールド免許の優良ドラーバーは、更新手続きをすると次の更新までの期間が5年ですが、期間前に更新手続きをした人は次回更新までの期間が短くなることも注意ておきたいところです。

運転免許を取得する流れとポイント 運転免許を取得する流れとポイント はコメントを受け付けていません。

自動車を運転したいと思ったら、必ず必要になるのが自動車の運転免許です。地域にもよりますが、高校卒業を控えた高校3年生たちがこぞって自動車学校に入校するということも珍しい光景ではありません。車がないと生活が不便という人は一刻も早く取得したいと思うでしょう。免許を取得しようと思ったら、まずは自動車学校に入校の申し込み手続きをします。


時間に余裕のある方は通常のスクーリングで申し込みをし、短期間で取得したいという方は合宿スタイルを選ぶ傾向にあります。一般的に入校後はまずオリエンテーションがあり、先行学科と運転適性検査があります。その後、第一段階として学科と技能の教習を規定の時間分受講し、修了技能検定と学科試験を受け、どちらにも合格すれば仮免許を交付してもらえます。その後は第二段階として路上に出て実際の道を走る技能講習と学科を並行して受講し、卒業検定試験を受け、免許試験場に出向いて学科試験を受けて合格すれば晴れて免許が取れるということになります。合宿の場合も基本的な流れは同じですが、期間を14日程度と設定しているところが多く、一気に知識や技能を詰め込むことになります。集中して勉強するのが苦にならない人にはおすすめです。

免許証の更新!手続き期間の基本知識 免許証の更新!手続き期間の基本知識 はコメントを受け付けていません。

運転免許証は初めて取得した場合は有効期限は3年間、その後は事故や違反歴、または年齢などにより3年から5年の間に行こう期限を迎えます。有効期限が来たときに引き続き免許証を有したい場合には免許の更新を行わなければなりません。その手続き期間は、2002年6月までは誕生日を迎える日までの1ヶ月間でしたが、誕生日の前後1ヶ月間に変更されました。つまり、4月15日が誕生日の場合は3月15日から5月15日までの間に更新を行わなければなりません。


ただし、更新の最終日が土日、祝日、年末年始に当たる場合は翌業務日まで延長されます。例えば、5月15日が土曜日の場合は、月曜日の5月17日が更新期限日となります。ところで、この2ヶ月の間にうっかり免許の更新手続きを怠った場合ですが、6ヶ月以内の場合ですと適性試験のみで即日交付してもらえます。6ヶ月を超えて1年未満の場合ですと、仮免許証が交付されます。また、海外へ渡航していたり、病気で長期入院していたなどの止むを得ない場合では、3年以内ですと理由説明書を提出すれば適性試験のみで免許証を発行してもらえます。もし理由なくこれらの期間を過ぎてしまえば、一からの取得となります。更新期限が近づけば郵便はがきが届くので注意しておく必要があります。

免許証紛失!再交付手続き期間を忘れるな 免許証紛失!再交付手続き期間を忘れるな はコメントを受け付けていません。

運転免許証を落としてしまったり、盗まれてしまったなどの理由で紛失させてしまったときには、最初に警察に紛失届を出します。
それから、運転免許証センターや住所を管轄している運転免許う試験場、あたは警察の運転免許課で再発行手続きを行います。
免許証に有効期限が残っているときはそのまま手続きが出来ますが、有効期限が切れる1ヶ月以内(自宅に更新手続きの通知が届いている場合)は、そのまま更新手続きを行います。


 

再交付手続きに関する受付時間や受付日などは、各都道府県によって違うことがあるので最初に確認しておきましょう。
再発行の手続きには、次のようなものが必要です。
再交付申請書、印鑑、 写真、免許証(破損・汚損など免許証が残っている場合)、身分証明書、顛末書、手数料です。
再交付申請書は、申請窓口やインターネットからでもダウンロードできるようになっています。

写真は、縦3.0cm×横2.4cmが一枚、身分証明書は保険証やパスポートなどになります。
また、手数料は地域によって異なりますが3400円前後となります。
紛失をしてなくて、例えば汚れてしまったり著しく破損してしまったりして手続きするときにはは、破損した免許証も必要になります。

本籍が変わったときの氏名変更のポイント 本籍が変わったときの氏名変更のポイント はコメントを受け付けていません。

結婚や養子縁組などのために運転免許証の記載事項に変更が生じた場合については、市町村役場での手続きのほかにも、都道府県警察に対する手続きが必要となりますので、地域を管轄している警察署、または都道府県警の運転免許センターに出向いて、記載事項変更届を提出しなければなりません。


この記載事項変更届の提出にあたっては、現在所持している運転免許証そのもののほかにも、記載事項に変更があったことを証明する書類が必要となります。
本籍と氏名変更とをあわせて行うという場合については、通常はその両方の変更がわかるような住民票の写しを提出する必要があり、外国籍の人であれば国籍の記載までがある住民票ということになります。
単なる住所だけの変更であれば、都道府県によっても違いがありますが、住民票の写しのほかにも、新しい住所に届いた消印のある郵便物、新しい住所が記載されている電話や電気などの公共料金の領収証などの簡単な書類であっても、証拠書類として受け付けてもらえる場合があります。
また、氏名の変更のなかでも、特に名のほうが変更になっているような特殊な場合については、これらの書類に加えて、裁判所が発行した決定通知書のコピーなどの別の書類が必要となる場合があります。

引越し後に住所が変わった!免許証書き換えの流れ 引越し後に住所が変わった!免許証書き換えの流れ はコメントを受け付けていません。

引越しをするとなると、やることがとてもたくさんあります。ライフラインの契約などの新居への入居準備はもちろんのこと、旧居の掃除やひき払いの準備など細かいものも合わせればキリがありません。そのなかでも重要だけれど忘れがちなのが免許証の書き換えです。免許には必ず住所が記載されていますので、引っ越しが終わったらなるべく早めに変更手続きを行うのが理想的です。


住所が変わっていても運転する際には支障ありませんが、身分証明書として免許を提示する人も多いでしょうし、その際の記載の住まいが旧居だと身分証明として使用できませんから市役所などで転入手続きを行ったのと同じタイミングで変更しておくといいでしょう。変更手続きは新居を管轄している警察署や運転免許センターへ出向いて行います。基本的には平日の朝8時半ごろから夕方17時まで受け付けをしているところが多く、新居の住所がわかる書類、たとえば住民票や健康保険証などが必要になります。それに加えて認印で構いませんので印鑑を持参してください。受付時間や必要書類に関しては各署によって異なりますので調べてから出かけましょう。場合によっては証明写真を求められることもあります。

更新のみで行うポイント 更新のみで行うポイント はコメントを受け付けていません。

運転免許証の更新手続きは、運転免許証に定められた有効期限内に行う必要があります。更新手続きを行える期間は、運転免許証更新年の誕生日の1か月前から、誕生日の1か月後までの2か月間で、例えば、誕生日が6月6日なら、5月6日から7月6日まで更新手続きを行うことができます。更新できる期間の最終日が土日祝日・年末年始の休日の場合は、次の平日までが更新できる期間になりますが、基本的には運転免許証に定められている有効期限以降は更新手続きができず、失効手続きを行う必要があるので注意が必要です。


住所・本籍地・氏名などの変更がない運転免許証の更新のみの場合の必要な書類等は、「運転免許証」「更新連絡書」「運転免許証更新申請書」「印鑑」です。さらに、外国籍の方は「外国人登録証明書」が、高齢者講習・特定任意高齢者講習・特定任意講習受講者の対象となる方は特定の「講習終了証明書」がそれぞれ必要となります。「更新連絡書」は誕生日の約1か月前に運転免許証の住所宛てに送付される更新のお知らせですが、更新連絡書が届いていない場合や紛失してしまった場合などには、更新連絡書が無くても更新手続きは可能です。ただし、更新連絡書には更新手続きが可能な場所や日時・必要書類や費用などが詳しく記載されているため、万が一更新連絡書が手元に届いていない場合、それらを確認するためにも、最寄りの運転免許センターへ直接問い合わせて更新手続きを行う必要があります。